Sanseisha
 

メイドインジャパンへのこだわり

播磨の国、西脇。日本を代表する織物の里で、Sanseishaブランドのシャツ生地はつくられています。
江戸の昔から続く播州織の伝統と歴史に育まれた産地で織った生地を、今度は外国の玄関口として発展してきた出島の地、長崎へ。西洋の洋服をいち早く仕立ててきたこの地で、シャツの縫製を行っています。Sanseishaのシャツは、正真正銘のMade in JAPAN。“デザイン性と機能性を兼ね備えた、大人のためのフィールド&トラベルウェア”をコンセプトに、日本人の手による日本製品にこだわってモノづくりを続けています。60年前に日本で誕生したキャラバンだからこその、こだわり。その想いは、大人のライフスタイルをより上質で洗練されたものにしてくれるはずです。

培って来た60年のモノづくりの姿勢

なぜこれほどまでにMadeinJAPANにこだわりを持ち続けるのか。それは、キャラバンシューズを生みだした創業者の意思を、次代へと受け継いでいきたいから。世界初のマナスル登頂をサポートしたキャラバンシューズを、60余年前に世に送り出した山晴社。その名に恥じないモノづくりの姿勢を、私たちは貫いています。

国内企画・国内縫製へのこだわり

Sanseishaブランドの特長は、企画発案から縫製までを国内で完結させている点にあります。日本人のために生まれたMade in JAPANブランドとして、どこまでもこだわりを持って、安心できる国産の品質の良い製品をつくりだすことに力を注いでいます。これはSanseishaの使命であり、存在意義でもあるのです。(※一部、海外生産モデルもあります。)

伝統的な織物産地で生まれた「播州織」

神戸の北西域に位置する北播磨は、江戸時代から続く織物の里。染色に必要な水を豊かな川の流れから得て、自然と共生しながら「播州織」を育んできました。この地域で考案され、糸染めされ、織られ、加工されたものの中で、一定の品質基準に達したものだけが「播州織」ブランドとして認定されています。山晴社ブランドのシャツ生地は、200年以上の歴史と伝統のある織物産地の中心「西脇」でつくられた「播州織」を採用しています。(一部のモデルを除く)

世界屈指の毛織物産地でつくられた「尾州ウール」。

「尾州」とは尾張国の異称で、現在の愛知県西部を指します。ここは、日本最大の毛織物の産地。木曽川の豊かな水と肥沃な濃尾平野の恵みを得て、奈良時代から繊維産業が行われてきました。毛織物の生産は明治時代に始まり、戦後になって目覚ましい発展を遂げています。クオリティの高い尾州ウールは、近年、国内はもとより世界のアパレルメーカーからも注目されています。山晴社ブランドでも、日本が世界に誇る尾州ウールのシャツ生地を使ってシャツを仕立てました。

繊維自体が発熱する新素材「HEAT-Acess」

繊維メーカーと共同で、繊維自体が発熱する新素材「HEAT-Acess」を開発しました。吸汗速乾・抗菌防臭機能も備えたこの新素材が、冬のフィールド&トラベルウェアの快適性をいちだんと高めます。

●繊維自体が発熱するしくみ

アルコールで肌を消毒すると冷やっと感じますが、それはアルコールが気化するときにまわりの熱を奪うから。「HEAT-Acess」はその逆の原理。人の皮膚から発散される目に見えない水蒸気を、繊維が強い力で吸着させる(まとめる)ことで熱を発生させます。これを吸着熱といいます。

●優れた吸湿性・速乾性

「HEAT-Acess」は吸湿性に優れています。他の繊維の吸湿水分率と比較しても、その差は歴然。しかも、化繊混率が高い山晴社のシャツは速乾性にも優れ、快適な着心地が特長です。

キャラバン×繊維メーカーとのコラボにより誕生した、オリジナル新素材「AUTESS」。

AUTESS TOYOBO

高機能素材「AUTESS」は、キャラバンと繊維メーカーが共同で開発した新素材。吸汗速乾性に優れ、シワになりにくく、三角断面形状が光を乱反射してシャツが透けにくいといった特長があります。特殊なファインセラミックをポリマー中に混合させているため、紫外線や熱線の侵入を防ぐ効果もあります。コットン混紡素材ならではのナチュラルな風合いと着心地の良さも魅力です。

AUTESSの素材特徴

抗菌防臭加工「フレスコール®」を施し、さらに機能性を向上。

フレスコール SEK TOYOBO

「AUTESS」には、追加加工として抗菌防臭加工「フレスコール®」を施しています。繊維上の菌の増殖を抑制し、優れた抗菌防臭効果を発揮します。しかも、その効果は洗濯後もほとんど変わらずに長続きします。

UVカット機能を持ち、光触媒の働きにより抗菌・消臭・汚れ分解の効果があり、汗をかいてもドライな肌触りを維持。洗濯しても機能は変わりません。

東レの中空ポリエステル原綿。中空繊維内に、より多くの空気層を維持するため、クーリング性・保湿性・吸水性・速乾性に優れています。
変形断面繊維と中空繊維を特殊ブレンドし、コットンと混紡した素材。環境に応じて熱の吸収・放出を行い、体温調整能力を発揮します。
繊維の断面がドックボーン(犬の骨)形状になった、ドイツ生まれの機能素材。アクリルの持つ軽くてふっくらした感触と適度な保温性、優れた発色性を活かしながら、コットンやポリエステルを組み合わせることで吸汗速乾性に優れた爽やかな風合いを実現。さらに天然系デオドラント加工「ロンフレッシュ」も付与し、抗菌防臭機能にも優れています。
《エアパック®
空気は理想的な断熱材。衣類のあたたかさは空気をできるだけ多く封じ込めることが必要です。【エアパック®】は非常に細い繊維を複雑に絡ませることによって、繊維間に多量の動かない空気を封じ込めています。これにより軽くソフトで優れた保温性能を発揮します。

《クールマックス®
行動中に汗をかいても、生地の表面に毛管作用を及ぼし、優れた吸放湿性と吸汗速乾性を発揮します。クールマックス®は、4つの溝繊維構造の繊維で作られ、汗の透過量を増大させ、ベタつきを解消。綿の5倍もの乾燥速度で乾く高機能素材です。
《フィールドセンサー®
帽子の内側のビンカワテープには「フィールドセンサー®」を採用しています。額の肌面に直接触れる部分に使用することで、汗を拡散させ、素早く乾燥します。不快なベトつきを軽減し、常にサラッと爽やかな肌触りを保ちます。

革の加工産地「兵庫県姫路市」にある、Sanseishaシューズの生産工場を訪ねて。

Sanseishaシューズを製造している、兵庫県姫路市にある生産工場。そこで見た、Made in JAPANのシューズづくりの一部をご紹介します。

その工場で見つけた、一足の古い試作シューズ。どこか懐かしいそのシューズを見た瞬間、すべてを理解した。これは、キャラバン初のトレッキングシューズ「グランドキング」の試作品だ。ここは、古くから革の加工産地として名を馳せ、革のなめし技術の高さが世界からも注目されている兵庫県姫路市。ここが、かつてグランドキングが誕生した地であり、今、山晴社シューズを生産している地でもあるのだ。海外のような大規模工場ではないが、職人たちが熟練の技を駆使し、丁寧に、手際よく、作り手の想いを込めてシューズづくりに取り組んでいる。グランドキングは時代の変遷とともに海外へ生産拠点を移したが、山晴社ブランドのシューズが再びこの地で生産されることになったのは、偶然ではなく必然のことかもしれない。

革の内部まで見極める職人の目利き

1枚革を作業台に広げて、職人の目利きで革の状態を丁寧に確認する。内部に隠れている血筋を避け、効率良く、しかも革の色ツヤが均一になるよう瞬時に見極めて、抜型で革を抜いていく。

微妙な調整が求められるトゥ部分の成型

基準線を照射してセンター位置を合わせ、トゥラスターで吊り込みを行う。専属の職人がアッパーの縫製状態を見極めながら、目視でセンター確認、手作業でセッティング、場合によっては微妙に吊り込み圧を調整しながら行う作業は、見た目以上に難しい工程。

革の状態を見ながら
かかと部分を成型

ここでは、かかと部分の成型作業を行う。ヒールシートを使い、トゥラスター作業同様に、目視によって革の状態を見ながら微妙な圧力調整を行いつつ、かかと部分を成型していく。

熟練技で底面のバフィング作業を行う

吊り込みによって底面に生じた革の凸部分を削り込む。それを通称「角切り」と言う。微妙な凸さえも丁寧に削り込んでいく。僅かな力加減や角度の違いで精度が大きく左右される、まさに職人技が発揮される工程。指先の感覚だけで状態を確認し、さらにリューターという機器で微調整する丁寧さ。

速さと正確さが求められる圧着作業

フラットになった底面に接着剤を塗布して熱を加え、それをもう一度繰り返す。そしていよいよ、手作業によりアッパーとソールを圧着させる。素速く、かつ正確に、貼り合わせ位置を決めて組み合わせていく。

個々の状態を見ながら圧力機で仕上げ

手作業で貼り合わせたアッパーとソールを、圧力機で圧着して仕上げる。力任せに圧力を加えるとソールが湾曲してしまうので、シューズの形状や革の質によって圧力を調整し、アッパーを傷つけないように作業が行われる。その丁寧かつ繊細な作業に、日本人の気質が現れている。

作り手の想いとともに
化粧箱に収められる

完成したシューズは、仕様書通りに紐を通し、最終検品した上で化粧箱に納められる。仕様書には、こと細かな検品指示内容や複数の品質管理者印が押されている。

化粧箱に納められた一足のシューズ。
それは、多くの人の手を介して生み出されてきたものだ。
そこには、使い手を想い、丁寧なモノづくりに励む、
日本人の心意気が確かに息づいている。
山晴社シューズ。
それは、日本人の手で、日本人のために作られたシューズなのである。

江戸時代から続く織物の里、西脇で作られた伝統織物『播州織』。

Sanseishaシューズを製造している、兵庫県姫路市にある生産工場。そこで見た、Made in JAPANのシューズづくりの一部をご紹介します。

播州織その昔、「播磨の国」と呼ばれた兵庫県西脇市は、日本でも有数の織物の里。江戸時代から続く歴史と伝統のある「播州織」の生産地として有名である。一方、鎖国時代に外国との唯一の玄関口となっていた「出島の国」長崎は、西洋文化の象徴のひとつである西洋シャツをいち早く仕立ててきた地。山晴社のシャツは、この2つの歴史ある地を舞台に、熟練した職人たちの手によって作られている。

歴史と伝統のある織物産地「西脇」で、
山晴社シャツの生地「播州織」は作られる。

探訪記シャツ

「播州織」とは

播州織 神戸の北西部に位置する北播磨では、長年にわたり、自然と共生しながら「播州織」を育んできた。この地域で考案され、糸染め・織り加工されたものの中で、一定の品質基準を満たしているものだけが「播州織ブランド」に認定されている。播州織の一番の特徴は、「先染織物」であること。その手法により、自然な風合い、豊かな色彩、素晴らしい肌触りが生まれ、シャツにふさわしい質の高い生地に仕上がるのだ。

探訪記シャツ 時間をかけて原糸を染め上げる
いくつもの生成り原糸を大きな窯に入れて、染料液をいっぱいに満たして染色する。内部まで色ムラが起きないよう、時間をかけて丁寧に染め上げていく。

探訪記シャツ 織り機でシャツ生地を織り上げる
染め上がった原糸を織り機にセットする。複数色を組み合わせたり、緯糸・経糸を変えることで風合いや機能を付加させるなど、コンピューター制御された織り機が音を立てながら複雑な工程をこなし、生地を織り上げていく。

西脇で織られた生地を、今度は長崎にあるシャツ工場へ運び込みここで裁断・縫製され、山晴社シャツとして仕上げられている。

探訪記シャツ 生地をシャツのパーツごとに裁断する
パタンナーの指示書を基に裁断図面を描き、延反機で反物を広げて、裁断機やプレス機でさまざまなパーツに切り分けていく。ものによって生地幅の異なる反物も効率よく裁断していく。

探訪記シャツ 各パーツを縫い上げて形にしていく
海外とは異なり、ここでは横並びでの立ちミシンによる縫製方式をとっている。それにより左右の進捗状況を確認することができ、日本ならではの気配り・気遣いによって円滑な作業を可能にしている。ミシン糸の送り出し調整などは、毎朝必ずチェックして状態を確認する。その日の天候や湿度によってミシン糸の走りの違いを感じ取れるのは日本人ならではの繊細さだ。

探訪記シャツ ボタン付けとアイロン掛け、そして検品
縫製を終えたシャツにボタンを付け、最後に熟練職人の手によって、一枚ずつ丁寧かつスピーディにアイロンが掛けられる。その隣では検品作業も同時進行で行われ、完成したシャツが積み上げられていく。

日本縫製シャツの細部に宿るクオリティ
市場で目にするシャツの多くは、安価な海外品が主流となっている。けれど、長崎のシャツ職人たちは言う。「生地の柄合わせ、襟や袖口のカフス形状など、細部にこそ日本で縫製されたシャツの『品の良さ』が見て取れる」と。この地で長年シャツ作りを行ってきた職人たちの、そんな言葉がとても印象深かった。

筋活動量の計測

足のすねと、ふくらはぎの筋活動量を計測した結果、R×L製法は一般的なソックスに比べ、指先を使った蹴り出し動作がスムーズに行えることで筋活動量を低く抑えることができ、疲れにくいことがわかりました。

足底の接地面積の計測

一般的なソックスは左右がないため、各指の接地面積が少なく、不自然な形になっています。R×L製法は各指の自由度が高く、外反母趾緩和や、スムーズな歩行が可能です。

快適性の生理的評価

履き心地の生理的指標となる心拍変動の解析から、R×L製法は一般的なソックスより人をリラックスさせる効果を有していることが明らかになりました。

①第二指からかかとの下までを計測する(足長)
②親指と小指の付け根を結ぶ長さを計測する(足囲)
③甲の高さを計測する(甲高)

足先圧の計測

業界初の足先圧計測により、R×L製法は一般的なソックスに比べ、親指にかかる圧力が約40%(当社比)減少し、だぶつきやすい小指側は、適度にフィット感が増加していることが明らかになりました。

外反母趾緩和・疲れにくい・心拍安定ソックス。それが、R×L SOCKSだ。

人間の足形は、左右ほぼ対称であるが、片足についてみれば非対称で複雑な形状をしている。靴は左足用、右足用で区別され履き分けているにもかかわらず、多くの靴下は編機の制約や編成の効率化のため左右の区別なく製造されてきた。そのため市販されている靴下の多くは、靴下自体の伸縮性を最大限に生かし左右の区別なく着用されている。このように無理矢理に靴下を足に合わせているのであるから、お世辞にも人間の足形に合ったものであるとはいえず、より良い着用感を求めれば左右の足形に合わせた靴下の出現は必然的ともいえる。また、靴下を足形に合わせることにより、着用感の向上だけでなく足形状に起因する足部疾患の予防、足部や脚部の運動機能の補助や向上などが期待される。